情報化施工(TS出来形)管理

情報化施工(TS出来形)管理とは

情報化施工(TS出来形)とは、調査/設計・施工・維持管理という建設生産プロセスのうち「施工」に注目し、各プロセスから得られる電子情報を活用し、高効率・高精度な施工を実現することを目的としています。
国交省ではすでに一般化されているため、当法人ではお客様に合わせたサポートをしております。

※着工前の作業が従来とは異なります

情報化施工を利用する場合、着工前の作業計画・測量方法・測量機器が従来とは異なるため、着工後に導入を実施することが非常に難しく、初めから作業を行わなければならない場合も多くあります。
TS(トータルステーション)導入を検討中の企業様はもちろん、TS(情報化施工)による出来形管理にご興味のある企業様は、まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

情報化施工導入のメリット

工事発注者、工事受注者それぞれにとってメリットがあります。

工事発注者のメリット

監督・検査の効率化 施工データを連続的に把握することにより、工事発注者の監督・検査などの業務を効率化でき、施工管理の実施を確実に確認できるようになります。
維持管理の効率化 施工データの記録を活用し、構造物の診断・解析ができるようになります。
技術者判断を支援 調査/設計・施工・維持管理で得られた多くのデータに基づいて、迅速かつ柔軟な技術者判断を行うことができるようになります。

工事受注者のメリット

作業の効率化 現場作業の効率化により、工期短縮・省人化ができます。オペレータの熟練度に大きく依存しない施工速度や出来形・品質が確保でき、施工ミスも低減できるようになります。
技術競争力の強化 情報化施工を取り入れた工事については、工事成績において加点されます。
安全性の向上 検測の省力化が可能となることで、施工機械との接触事故を極力少なくすることができ、安全性が向上します。
イメージアップ 工場現場の作業環境が改善され、魅力のある産業へイメージアップにつながります。

情報化施工の普及推進

情報化施工(TS)による出来形管理

TSによる出来形管理技術については、平成25年度よりすべての土木工事(河川・道路)において一般化されました。

また、TS(トータルステーション)を使用すると、出来形計測は、3次元の座標値として計測することができるようになり、施工管理・監督検査に計測した施工管理データを用いることが可能となり、工期が短縮されコスト削減へとつながります。

従来 TS利用
計測方法 巻尺・レベル トータルステーション
計測値 実測値 3次元座標
帳票 手入力 パソコンにデータ転送
測量 20m間隔及び変化点ごと 100m間隔
人員 3人~6人 1人~3人
TS(情報化施工)による出来形計測に使用するトータルステーションとモバイルデキスパートのイメージ

CPDS認定講習会を開催しています

CIM実施計画書作成をはじめ、UAV(ドローン)・地上レーザースキャナーなどの実際の機器をお持ちして、現場での実際の使用方法だけでなくデータの作成方法など具体的な現場事例をもとに開催しております。
ユニットの取得だけでなく、現場で最新技術を活用するうえでお役に立つ内容をお伝えできるよう努めております。
CPDS認定講習会の詳細や開催日程について

その他、開催内容についてご要望がございましたら、お気軽にご相談ください。
お問い合わせ

CPDS認定講習会 講義 実技

当法人の目的に賛同し、参加された会員の皆さまには、会員価格でのCPDS(継続教育)認定講習会の受講などさまざまな特典をご用意しております。詳しくは、下記をご覧ください。

土木・建設工事に関わる下記の業務をサポートします!

CIM(3次元モデル)運用サポート i-Constructionの活用サポート 3次元計測(UAV・レーザースキャナー)の活用 建設ICT(MC・MG)の活用 道路橋維持管理資料の作成支援 情報化施工(TS出来形)管理 道路工事完成図(平面図・縦断図)・CAD製図基準 工事情報共有システム(ASP) 電子納品(i-Construction)・CALS/EC

東北建設技術普及会とは

東北建設技術普及会とは

CIM(3次元モデル)の運用やi-Constructionの導入など、東北地方における最新の建設技術の普及・発展に寄与することを目的に活動しています。

社会福祉活動

社会福祉活動

当法人の会員の皆さまからいただく年会費の一部を国内外の寄付活動に活用させていただいております。

お問い合わせ

TEL:0172-31-1755FAX:0172-31-5622

新着情報

最新技術提案・支援